うさぎの耳より情報 No.169 うさぎの『まばたき』

2021年02月25日

top_202102024web


皆様、こんにちは。
今日は、うさちゃんの『まばたき』についてお話します。
皆さん、うさちゃんって『まばたき』をしないなぁ、と思ったことありませんか?
眠る時でさえ、目を開けて寝ているのを見かけることもありますよね。
でも、うさちゃんは5〜6分に1回程度『まばたき』をしているんです。私たち人間が3秒に1回くらいなのに比べると、とても少なく感じますね。
うさちゃんの『まばたき』が少ない理由は、元々野生のうさぎが自然界の中では被食動物のため。肉食動物が近づいてくるのを見逃さないよう、『まばたき』をしないようになったとも言われています。
だから、うさちゃんの『まばたき』が見られる機会は、とても稀なのかもしれません。
ところで、そもそも『まばたき』には、どんな働きがあるのでしょうか?
もし、『まばたき』をせずに我慢していると、目が乾燥してきますよね。この乾燥を防ぐ役割をしているのが、『まばたき』です。『まばたき』をすると、涙液で目の角膜を洗浄し、角膜の表面に涙の薄い膜を作ります。これによって常に目を綺麗にし、乾燥を防いでくれているのです。
では、『まばたき』の回数が少ないうさちゃんの目は、大丈夫なのでしょうか?
実は、うさちゃんの目にはバーダー線という分泌腺が発達していて、私たちの涙よりも脂質分が多く、乾燥を防いでくれています。また、私たちにはない舜膜(しゅんまく)と言う、目の内側にある瞼のような膜によっても守られています。
うさちゃんも『まばたき』の回数が少なくなると、涙液が流れる回数も少なくなり、それが目やにとなって多く出てくることもあるようです。
これは、私たちが朝起きた時に目やにが溜まっているのと同じ現象ですね。
私たちと一緒におうちで過ごしているうさちゃんは、最近では、野生のうさちゃんよりも目をつぶっている時間が長くなっているようです。それだけ安心して暮らせているという証拠なのかもしれませんね。
次回もうさちゃんのうんちくをお話していきます。お楽しみに!


hibishippo:10:27
Permalink うさぎの耳より情報  
うさぎのしっぽ

うさぎのことならうさぎのしっぽへ。うさぎの用品、うさぎの飼育方法など盛りだくさんのうさぎ専門ペットショップです。

記事検索
QRコード
QRコード
RSS