うさぎの耳より情報

うさぎの耳より情報 No.198 鳥獣戯画のうさぎたち

2021年09月15日

top_20210915web



皆様、こんにちは。
最近、すっかり涼しくなってきましたね。今回は「芸術の秋」にちなんで、絵画の中でも日本一有名といっても過言ではない、鳥獣戯画のうさぎについてお話します。

鳥獣戯画の正式名称は、「鳥獣人物戯画絵巻」。京都の高山寺に所蔵されている国宝で、擬人化されたうさぎや蛙、猿などが活き活きと描かれている平安時代の絵巻です。そのユーモア性と動物を擬人化した描写から、日本最古のマンガとも呼ばれています。 全部で4巻ありますが、作者は不明で、さまざまな改変をたどって、今の形になったと考えられています。絵のみで内容を示す文字がないため、解釈にはさまざまな説があり、その謎は未だ解き明かされていません。

実は、私たちがよく目にする擬人化されたうさぎがいるのは、1巻目だけ。 でもなぜ、1巻目だけが有名なのでしょう? それは作品を見るとよくわかります。他の巻では、擬人化されていない動物や人物が描かれているのに対し、1巻目は動物たちが水遊びをしたり、弓を射ったり、相撲を取ったり。ユーモアたっぷりの人間らしい動きと、豊かな表情に惹きつけられるからではないでしょうか。 他にも皆で宴の準備をしていたり、うさぎが猿の僧侶にシカやイノシシを贈っていたり、追いかけっこしたり、さまざまなゲームに興じていたり、とさまざまなシーンを楽しむことができます。

ところが、1巻目をよく見てみると、ストーリーに一貫性がなく、ところどころ継ぎはぎされているのがわかります。鳥獣戯画は高山寺が原本とされていますが、それ以外にも鳥獣戯画を写したと思われる模本には、原本にはないストーリーが描かれていたり、絵巻から切り離されたとされる断簡も見つかっています。 これらを合わせると、もしかしたらこれまでにはないうさぎの物語が見えてくるかもしれません。そんな謎めいたところも、今も昔も人々に親しまれる理由かもしれませんね。

次回もうさちゃんのうんちくをお話していきます。お楽しみに!

hibishippo:15:50
Permalink うさぎの耳より情報  

うさぎの耳より情報 No.197 飼い主さんがもしうさぎアレルギーになったら

2021年09月08日

top_20210908web


皆様、こんにちは。
突然ですが、皆さんはうさちゃんとの暮らし、楽しんでいますか?
そんなこと、聞くまでもないよ! と思う方がほとんどだと思います。でもある日突然、飼い主さんが「うさぎアレルギー」になってしまったらどうでしょう?
今回は、飼い主さんがもしうさぎアレルギーになったらどうしたらいいかお話します。

うさぎアレルギーとは、うさちゃんの被毛やフケが原因となるアレルギー。くしゃみや鼻水、咳、目や体がかゆくなるなどの症状が出ます。アレルギーは、放っておくと悪化する可能性もあります、少しでもおかしいと思ったら、内科や皮膚科、耳鼻咽喉科などアレルギー検査をしてくれる病院で検査を受けてください。

アレルギー検査項目は多岐にわたるため、まずは先生にうさちゃんを飼っていることを伝えましょう。また、ダニやハウスダスト、カビ、牧草であるイネ科の植物など、家の中でうさちゃん以外に原因がありそうなものは、一緒に検査してもらってください。原因を特定できれば、それに合った薬を飲んだり、環境を改善することで、症状を抑えることができるはずです。

本来、アレルギーになった場合、その原因となるアレルゲンを遠ざけることが一番の改善策になります。でももし、うさちゃんが原因だった場合、手放すという選択肢はとても考えられないと思います。
まずは病院で処方してもらった薬をきちんと飲むこと。そして、アレルゲンであるうさちゃんの毛やフケを取り除くためにお部屋の「掃除」と「換気」を徹底してすることが最も効果的な対策になります。ただ、対策を講じたとしても、これまでのように寄り添ってなでなでしたり、一緒の部屋で寝るなどのスキンシップは取れなくなってしまうかもしれません。それでも、飼い主さんのうさちゃんへの愛情はきっと変わらないはず。
世界中がコロナ禍で新しい生活様式を模索しているように、うさちゃんと飼い主さんとの新たな、そして楽しい暮らし方をぜひ考えてみてくださいね。

次回もうさちゃんのうんちくをお話していきます。お楽しみに!

hibishippo:13:11
Permalink うさぎの耳より情報  

うさぎの耳より情報 No.196 うさちゃんにはなぜチモシ-がいいの?

2021年09月01日

top_20210901web


皆様、こんにちは。

うさちゃんの主食である、牧草。中でも一番いいのは「チモシー1番刈り」と言われていますよね。でも、何故チモシーが推奨されているのでしょうか?
今回は、うさちゃんと牧草、チモシーについてお話します。

日本でうさちゃんが飼われ出したのは、江戸時代の中期と言われています。その頃のうさちゃんの食事といえば、野菜や穀物。それから近年になるまではあまり変化はなく、基本的には野草や野菜でしたが、それに並行して牧草も登場し始めます。
ところが戦後になり、うさぎが実験動物として利用されるようになると、簡単に栄養が摂れるペレットが登場し、主食として扱われるようになりました。
そして平成に入り、ペットとしてのうさちゃんが認知されるにしたがって、牧草が主流になってきたのです。
元々、うさちゃんの祖先であるアナウサギは、大自然の中で草や木の枝、樹皮などを食べて生きてきました。私たちと暮らすうさちゃんにも自然の恵みを味わってほしい、という飼い主さんやうさぎ業界の思いが、牧草を主流にしてきたのかもしれませんね。

もちろん、うさちゃんに自然を感じさせてあげるためだけに牧草をあげるわけではありません。うさちゃんは、牧草の繊維質を歯ですりつぶすことで、一生伸び続ける歯を摩耗させたり、繊維質の細胞を消化するために、腸内で分解・発酵させて、栄養を取り込んでいます。つまり牧草は、うさちゃんの体の仕組みにも合った食べ物なのです。
中でもチモシー1番刈りは、高繊維で低タンパク質、流通量も多く、安定してうさちゃんにあげることができるため、主食として定着してきたと言えるでしょう。
 
うさぎのしっぽでは、shippo vol.4で「牧草」を特集し、店長君の日セールでお買い物された方全員に配布予定です。牧草の種類や栄養素についても詳しく書いてありますので、ぜひ見てみてくださいね。

次回もうさちゃんのうんちくをお話していきます。お楽しみに!

hibishippo:13:34
Permalink うさぎの耳より情報  

うさぎの耳より情報 No.195 うさちゃんとおうちの防災対策

2021年08月25日

top_20210825web


皆様、こんにちは。
9月が近づくと、防災について考えることが多くなりますよね。
1923年9月1日に起きた関東大震災を忘れずに、防災をしっかり行おうと制定されたのが「防災の日」です。今では、9月1日から1週間を「防災週間」とし、全国でさまざまな防災イベントが行われています。
今回は、うさちゃんとおうちの防災対策についてお話します。

もし、震災にあってしまったら、第一に身の安全を確保しなければいけません。そのためにも事前に家の中をしっかり対策しておくことは大切ですよね。家具が倒れないように固定したり、窓ガラスに飛散防止フィルムを貼るなど、基本的な対策はできているかもしれません。
では、うさちゃん周りはどうでしょう?

まずは、ケージの中。食器や牧草入れ、給水ボトルは固定式を使っていれば安心ですが、直置きの場合は、地震の時に動いてしまうかもしれません。ハウスやトイレも倒れたりすることで、うさちゃんがケガしてしまう危険性があります。
ケージ内のものは、なるべく固定できるものを選びましょう。特にハウスは、うさちゃんにとってケージ内のシェルターにもなりますから、しっかりと固定してあげてください。

次にケージ自体。ラックに置いていたり、キャスター付きなどにしていると、ケージ自体が動いたり、倒れることがあります。ラックやケージを固定する、キャスターにはストッパーをつけるなどの対策をしておきましょう。

最後に、うさちゃんのいるお部屋を見てみましょう。ケージ周りに落ちてきそうなものはありませんか? また、窓ガラスの近くにケージを設置するのも危険です。部屋の中で一番安全な場所にケージを置くようにしましょう。

いかがですか? 
うさちゃん目線でケージ周りを考えると、意外な点に気づくかもしれません。ぜひ皆さんもこの機会にぜひ考えてみてくださいね。

次回もうさちゃんのうんちくをお話していきます。お楽しみに!


hibishippo:13:10
Permalink うさぎの耳より情報  

うさぎの耳より情報 No.194 うさちゃんに肉球はない?

2021年08月18日

fa812589


皆様、こんにちは。
突然ですが、うさちゃんの足裏には肉球があると思いますか?

うさちゃんと暮らしていればすぐに分かりますよね。答えは、「いいえ」です。
ところが、世の中はそうはいきません。肉球があると思い込んでいる人は多く、あのディズニーでさえ、バンビの名脇役である「とんすけ」や「ミス・バニー」を筆頭に、登場するほとんどのうさぎたちに肉球があるのです!

実際に肉球があるのは、主にイヌやネコ、クマ、アライグマ、パンダなど、食肉目に分類される動物たちです。これらの動物は、獲物に近づく時に気付かれないように足音を消したり、走る時の滑り止めになったり、樹上などから飛び降りる時の衝撃を緩和するために肉球があると言われています。

ではなぜ、うさちゃんには肉球があると考えられてしまうのでしょうか?
おそらく、ペットとして馴染みのあるイヌやネコに肉球があるので、同じように思われてしまっているという点と、もう一つは、歯が伸びる、という点で仲間と思われがちなリス、ネズミなどのげっ歯目にも肉球があるからだと考えられます。

うさぎは、うさぎ目に分類されます。草食なので、足音を消す必要はありませんし、もともと平らな野原で生活していたので、滑り止めの必要もありません。足の保護も野原の草が担ってくれていたのです。
また、うさぎは後足を発達させることによって、敵から早く走って逃げられるように進化してきました。肉球がなくても、充分に暮らすことができたのです。 

ところが、私たちと暮らしているうさちゃんは、ケージ網やフローリングなど、硬い床で生活することが多くなっています。そのため、足裏の毛が擦れて脱毛したり、脱毛によって露出した皮膚が炎症を起こしてしまうことがよくあります。
元気に走り回ってもらうためにも、草原のような柔らかさを目指して、床材はできるだけ足に負担がかからない素材を選んであげてくださいね。

次回もうさちゃんのうんちくをお話していきます。お楽しみに!


hibishippo:13:13
Permalink うさぎの耳より情報  
うさぎのしっぽ

うさぎのことならうさぎのしっぽへ。うさぎの用品、うさぎの飼育方法など盛りだくさんのうさぎ専門ペットショップです。

記事検索
QRコード
QRコード
RSS